HOME TOP
フォトブックを販売いたします。オンデマンド印刷ですので、注文されてから納品まで一週間ほどかかると思います。詳しくはmailでお問い合わせ下さい。
東京写真散歩 東京写真散歩 TOKYO 2002〜2005年

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

 何年も使われることなく、部屋の隅に放っておかれた4x5(シノゴ)のカメラ。4インチx5インチの大きなフィルムに、東京の風景を撮ってみようかな。2002年の春に思い立って、街に担いで出た。

 これらの写真を撮ってから十数年が経った。浅草の東映は既に無く、再開発中だった新宿の富久町は平成27年度に完成する予定だ。

 土地は生き物だ。絶えずスクラップ&ビルドを繰り返し生まれ変わっている。ここに掲載した写真は、2002年から2005年にかけて通り過ぎた東京の断片。その欠片を繋ぎ合わせて構築した、ある時代のレイヤーのようなものだろうか。

詳細はこちら

WANGAN WANGAN 水路の都市 TOKYO 2006〜2009年

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

 初めて東京のウオーターフロントを走る水上バスに乗船したのは、2006年3月に東京ビッグサイトで開催されたカメラの展示会の帰りだった。水路から眺める東京の風景は、今まで知らなかった東京の表情を見せてくれ、新鮮な驚きに満ちていた。
 湾岸の辺りを歩いていると、「会社や工場の敷地につき立ち入り禁止」と書かれた看板をよく目にするが、そんな立ち入りできない場所を、水上という勝手口から覗いているような楽しさがあった。

「東京に空は無い」は、高村光太郎の智恵子抄だったか。でも、こうして写真を見返すと案外東京も空が広いじゃないか。

詳細はこちら

琉球弧の祭祀と行事【一】 琉球弧の祭祀と行事【一】 奄美群島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
祈る島/ショチョガマ(奄美大島・龍郷町秋名)/平瀬マンカイ(奄美大島・龍郷町秋名)/佐仁八月踊り(奄美大島・笠利町佐仁)/キトバレ踊り(奄美大島・大和村思勝)/油井の豊年踊り(奄美大島・瀬戸内町油井)/西阿室の豊年祭(加計呂麻島・西阿室)/諸鈍シバヤ(加計呂麻島・諸鈍)/今井大権現祭(奄美大島・龍郷町安木屋場)/ムチムレ踊り(奄美大島・大和村湯湾釜)/与論十五夜踊り(与論島)/ナリムチ/旧盆行事/舟漕ぎ/闘牛/おがみ山・立神・アシャゲ

*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【二】 琉球弧の祭祀と行事【二】 沖縄本島と周辺離島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
斎場御嶽・せーふぁうたき/久高島の旧正月/十六日祭・ジュールクニチー/辻の旧二十日正月/鏡水の三月あしび/平安座島のサングヮチャー/伊是名島の公事シーミー祭/幸地腹・赤比儀腹両門中のシーミー/南城市古堅のミーミンメー/波上宮 なんみん祭/渡名喜島のシマノーシ/糸満ハーレー/奥武島の海神祭/大嶺の地バーリー/那覇ハーリー/豊見城ハーリー/小湾アギバーリー

*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【三】 琉球弧の祭祀と行事【三】 沖縄本島と周辺離島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
久米島の五月ウマチー/粟国島のヤガンウユミ/エイサー(エイサー in いとまん、浦添てだこまつり前夜祭、一万人エイサー踊り隊、北中城青年エイサー、お店の周年祝い)/首里赤田のみるくウンケー/安田のシヌグ/塩屋のウンガミ/久高島の八月マティー

*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【四】 琉球弧の祭祀と行事【四】 沖縄本島と周辺離島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
米須のウシデーク/真志喜大綱引き/糸満大綱引き/真栄里大綱引き/与那原大綱曵/那覇大綱挽/城間松明大綱引/泡瀬大綱引き/伊江島の村踊り/カジマヤー/ムーチー/粟国島のマースヤー/首里城・新春の宴/首里城・中秋の宴/首里城・冊封使行列、冊封儀式/新春北部大闘牛大会/ピージャーオーラサイ

詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【五】 琉球弧の祭祀と行事【五】 八重山諸島・宮古諸島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
鳩間島の豊年祭
石垣島・白保の豊年祭
竹富島の豊年祭
石垣島・四ヵ字のアンガマ
登野城のイタシキバラとアンガマトゥズミ
ミャークヅツ*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【六】 琉球弧の祭祀と行事【六】 八重山諸島・宮古諸島編

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
西表島 祖納と干立の節祭
宮古島 島尻のパーントゥ・プナハ
竹富島の種子取祭
与那国島のマチリ・カンブナガ
宮古島 野原のサティパロウ

*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧の祭祀と行事【七】 琉球弧の祭祀と行事【七】 来訪神からグソーまで

A5サイズ・143頁 1800円(メール便・送料込み)

CONTENTS
来訪神/神アシビ/琉球弧の芸能1/琉球弧の芸能2/踊る島/歌う島/琉球弧の墓とグソー1/琉球弧の墓とグソー2/琉球弧・簡易年表/聞得大君・きこえおおきみ/参考文献/琉球弧地図/あとがき/プロフィール

*詳細はこちら
沖縄県立図書館で貸し出しを行なっています。
鹿児島県立奄美図書館で貸し出しを行なっています。蔵書検索で「琉球弧の祭祀と行事」または「木原盛夫」で検索して下さい。

琉球弧曼荼羅【一】 琉球弧曼荼羅【一】


A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*残り2冊

CONTENTS
1章  琉球弧の海と空と雲と
2章  神々の杜と大樹
3章  南島の花と植物
4章  南島の生き物
5章  神々の足跡
6章  神を迎える準備

詳細はこちら

琉球弧曼荼羅【二】 琉球弧曼荼羅【二】


A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*残り3冊

CONTENTS
7章  祈る島
8章  来訪神
9章  神アシビ
10章 南島の芸能(1)
11章 南島の芸能(2)
12章 踊る島

詳細はこちら

琉球弧曼荼羅【三】 琉球弧曼荼羅【三】

A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*残り3冊

CONTENTS
13章  歌う島
14章  琉球の龍と獅子
15章  南島の墓とグソー(1)
16章  南島の墓とグソー(2)
17章  黒潮の贈り物

詳細はこちら

琉球弧曼荼羅【四】 琉球弧曼荼羅【四】


A5サイズ・143頁 1800円 +送料360円(レターパックライト)
*残り2冊

CONTENTS
18章  海の民
19章  ヒンプンと赤瓦とシーサーと
20章  南島の遺構と消え行く風景
21章  闘う島(1)
22章  闘う島(2)
23章  沖縄のアメリカ
あとがき
プロフィール

詳細はこちら

通り過ぎた風景と記憶の断片 通り過ぎた風景と記憶の断片


A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*残り1冊

【旅のリアル】

 奄美でも沖縄でも、よくバスに乗った。目線が高くなり、見える風景がいつもと違うのが面白かった。ワクワクしながら、窓越しに通り過ぎる風景をカメラに収めた。
 走行中のバスからの撮影は構図も思うようにならないし、ブレてもいるが、なんだか旅のリアルが写っているようで、見返していると再び旅をしているような気分になる。

詳細はこちら

しまねこ しまねこ AMAMI・OKINAWA 〜神々の島の、役立たずの天使たち〜

A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*Sold out

【猫はどんな夢を見るんだろうか】

 亜熱帯のねっとりした空気に包まれて、トロトロと微睡む時間。島の猫たちも住処にしているアダンの繁みを出て、コンクリートの護岸の上で四肢をダランと伸ばして寝そべっている。カメラのレンズを向けても睡魔に勝てないのか、チラッとこちらを睨んで、また夢の中に帰って行く。猫はどんな夢を見るんだろうか。

詳細はこちら

IBERIA 1986 IBERIA 1986


A5サイズ・143頁 1800円+送料360円(レターパックライト)
*Sold out

 なんの予定もない旅行者に、子供と老人達はいつも優しい。
 お金はないが、時間だけはたっぷりとあるボクの相手をしてくれるのは、いつも彼らだった。

「ピレネーを越すとアフリカ」といったナポレオンの有名な言葉がある。フランスまではヨーロッパだけれど、ピレネー山脈から西にあるイベリア半島、つまりスペインとポルトガルは、もう都会的なセンスはまるでないといった意味である。
 この田舎の国の田舎の町ばかりを好んで歩いた。

詳細はこちら